家庭教師

幼児教室で勉強の楽しさを学ぶ~キッズスタディランド~

教育は加熱状態

勉強

現在は教育に力を入れている親が沢山います。だからこそ幼児教室も多く存在しており通わせている方も大勢いるのです。教育に発生する費用はそれなりの値段にはなりますが、それに見合った教育が受けられます。

読んでみよう

英会話も身につけられる

笑顔

幼児教室には様々なところがあり、英語を教えているところもあるので子どもに合った場所を選んで利用する必要があります。また、インターネットから情報収集が行なえるので参考にしてみると良いでしょう。

読んでみよう

費用を把握する

子供

小さいこどもへの専門的な教育を実施する場合には、幼児教室を利用する事があります。幼児教室の種類も多く存在していますので、それぞれに見極めてこどもを参加させる事になります。

読んでみよう

人気の保育園

小学校受験は幼児教室選びが大切です。合格の案内人を見つけるためにも、こちらのランキングサイトをチェックしましょう1

24時間営業の保育園は福岡でも大人気になっています!多くのママが利用している理由は、利便性の高さにありますよ。

保育料やかかる費用について

家庭教師

待機児童が多く、母親が仕事を持っていてもなかなか入ることができないといわれている保育園。 それでは保育料と保育園に通うにあたってかかる費用について見ていきたいと思います。 まず保育料ですが、保育料はみな同じというわけではなく、親の収入と年齢によってかわってきます。年齢は3歳を基準に考え、3歳未満は高めで3歳以上になると安くなります。3歳未満と以上で、3倍もの違いがでてくる場合もあるのです。 次に保育園に通うにあたって必要になるものですが、保育園は基本的に制服はありません。 入園準備として、毎日通うための洋服の他に保育園に持っていく着替えやタオルなど5000円前後ではないでしょうか。 また、給食費は保育料に含まれています。

保育園の特徴について

未就学児が通う場所として保育園の他に幼稚園があげられますが、保育園と幼稚園の違いはなんでしょうか。 まずは、それぞれ管轄が違います。保育園は厚生労働省、幼稚園か文部科学省の管轄です。 保育園は預かることを目的にし、幼稚園は教育を目標としているのです。 それでは保育園の1日をみてみましょう。 まず7時ころから登園が始まります。自由遊びやクラスでの活動、昼食、お昼寝、おやつ、降園と1日がながれていきます。年齢の低いクラスでは、オムツがえも加わり、昼食も離乳食である子も大勢いるのです。 幼稚園よりも園にいる時間が長いため、身の周りのことやしつけなど、園で学ぶことも多くあるのです。 異年齢の子が多く集まる分、その年齢に応じた保育が必要になってくるのです。幼稚園や保育園以外にも通うことが出来る場所に幼児教室があり、様々な知識を身に付けることが可能です。また、幼児教室では親子一緒に楽しみながら知育することも可能なため積極的に利用すると良いでしょう。